2006年08月18日

だらよだらだら日記(その1

世にも恐ろしいネタバレを含みます。
未プレイ、未クリアの方は見ると目が腐るのでやめましょう。
別に攻略をのせているわけではありません。
あくまでもプレイしつつ考えていくための自分のメモ用紙です。2週目・・・ということでじっくりとプレイ予定。

バスジャックから始まるわけだが、こいつの目的は・・・。
国に対しての報復、というか自分の娘が結界内で爆弾の被害にあったということから国に対して結界・爆弾への対策をしろという要求を通すこと。
でも発言からして明らかに結界や爆弾に対する知識はナシ。

ここでノゾミとカコの接触。
ノゾミは「丘」に向かう途中、カコは確かお使いだな。

結界に巻き込まれる際に、あたりは白く、視界は歪む。

カコの免許に「魔法協会所属」とある。
そんな組織があったのか。浮動産やりなおしたほうがいいかも。

------------------------------------------------------
カコ自身が爆弾解体をパートナー制であると言っている。
ということはやっぱカコと組んでいた前任者がいることに。
でもあいつは死んでいるらしい。結界内で。
でもカコは生きている。うっかり爆弾に触れるような奴とも思えない。
レポートを見る限りは明らかに聡明だ。
やはり死因がちょっとあやしく感じる。保留。
-----------------------------------------------------

爆弾・・・誰が何のためにかが不明。
加えて解除できるような形をとっているのも不明。
完全にあちら側の世界の者がやっているとすれば…といっても無理そう。
こちらの世界の後天性魔法使いの仕業…ではないのか。

結界の壁は抑制力が働くのでぶつからんらしい。
んで爆弾は解体時のミスでなければ簡単には爆発しない。
ここが気になるとこで、これが人為的なものならカコを狙っているんじゃないかと思ってしまう。
何らかの理由で直接カコに接触できないことになるが。
まぁ「爆弾は台風みたいな自然災害みたいなもん」と言われれば終わりだが。

爆弾解体時・・・やっぱ手を突っ込むと不安になる何かがあるようだ。
「なにをまた怖がってるんだろ、あたし」
「巻き込みたくないから」
他の台詞を見て、初対面とは思えない台詞がある。
なんとなく違和感。

嫌な発想だが・・・世界自体が結界内にあったら。狭間の世界。
最後の爆弾・・・あれ自体が他の爆弾すべての解除を条件に現出し、
結界がとてつもなく広範囲に及ぶものであるとしたら。
ノゾミがANOSを持っており、かつカコを救えなかったことを思うと
そんな考えもよぎってしまう。
さすがに結界はあくまでも一部範囲にしか現出しないということらしいから妄想にもほどがある話だが。

どーでもいいが解体時のカコはクールビューティーですね。

アキラ登場。
結界発生の情報とかは入ってくるようだ。わかるんか。
「パートナーもなしに」・・・今もパートナーが存在してるような言い方。

なぜノゾミは死にたがっていたのか?

両親や友人〜去年みんな事故で死んだからいない。

「結界は今のところ地下には発生しないからな」
つまりのところ調査とかはあてにならん。
そもそもこの組織自体あまり信用してはいけない気がする。

とりあえず本部まできていったん終了。
だらだらとやらねば考えることが多くて処理しきれない('A`)


【関連する記事】
posted by ruins at 14:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | だらよだらだら日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。