2004年08月05日

3週目(ロスカラ過程日記

ヽ('A`)ノ
まずは調べ物。
「最後の町」は俗称であるとスフライトが言っていたので、正式名称がわかるといいなぁと思いつつ調べる。

ミドリの歌「♪インド生まれのフランス育ち語尾はカレーのパリジェンヌ〜♪」

なぜか最後の町に関しての反応が鈍い。
正式名称は「スダード」。
町の構造を誰も理解していない。
町を建設した民族がなんらかの事情で撤退したせいらしい。
「風吹く土地に住む民族特有のおぞましい外観がきっかけ」
という記述のみが残されている。

まぁ調べ物はこのくらいか。
制御核が手に入ったんで、早速遺跡地帯へ。
ちなみにこれで2回目となる「色のある世界」だが、矯正力がかかっているのでテキストが同じである。たぶん。

制御核によって浮いた遺跡から誰かが出てくる。
血まみれのそいつは「あれ」。ちなみに返り血。
中にはいると右中央の扉から激しく血。
レアル曰く、「死体を纏めて放り込んでおくと、こうなる」

まずは左手前から調査。
「研究日誌/イエロ=ザメタルア」を発見。
次は右手前。
「結界研究進歩記録:最終版/イエロ=ザメタルア」を発見。

と、2つの部屋を調べたところで遺跡が沈む。
遺跡は沈むと扉がロックされる。
手詰まりでいったん帰還。

遺跡ではこれ以上得れるものは今のところなさそう。
次は別な場所に行くべきだろう。








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。