2004年11月11日

ひぐらしのなく頃に「鬼隠し編」考察。

11/11:TIPS-レナ「次は〜」に関して。ネタバレ危険→というわけで今更という気もしますが。

コメントのほうでガンガン突っ込んでくださると吉。
どこでもやってるからアレなんですけどねぇ。
wikiの使い方がようわからんのですよ、ごめんね。

S58・初夏。まず冒頭の人。いきなり打撃音だしてる人です。
あれはとりあえず悟史でFAかと。他に思い当たらないし。


でも悟史だとテキスト的には、この段階で沙都子との別れが確定みたいな感じに。
上記を前提とすると・・・
このときに既に逃亡する予定だったか、あるいは誰かに消されるという確証があったのか。

あと、これは主婦殺人事件でいいと思いますが、犯人が捕まってるのも妙。
悟史LOVEだった詩音が手を回したか、まぁ例によって隠蔽したか。園崎家しかいないが。
私的見解では、

・冒頭の人はやっぱ悟史。
・叔母殺害、あわよくば叔父も殺害予定だったのではないか。
・薬物中毒の捕まった奴は、事件を(悟史を)嗅ぎまわられると迷惑だと考えた園崎家からまわされた。
・悟史の「転校」は本人の意図するところではなかった。雛見沢外にも出てないと思う。

(10/31追記):年代からいって悟史ではない気がしてきた。
「頭を”撫でる”のが好きだった」という表記は梨花かもしれない。
でも、「好きだった」という言い回しは恋愛感情のソレに思えるのでレナかも。
打撃音の主は圭一ということになるのだろうか?


まずはこんなところ。
続いて初日。

<初日>
沙都子トラップ=黒板消し+取っ手に画鋲+ナワトビ+すずり(*´д`*)

この段階では部活には入ってない。

<2日目>
「鷹野みよ」という人物とすれ違っている。
圭一もこの人をみている。
でも、祭りのときにはあまり記憶になかったようだが・・・?
ここで富竹も登場。野鳥観察でダム跡地にくるか?
山が近いと言うことでとりあえず落ち着かせる。

・富竹が実は監督殺しのリーダー

なんてのも面白いかも。
だって見た目作業員じゃん。
いまだにダム跡地に右腕埋まってたりしてな。


<3日目>
部活入部。
K「追い詰められたときこそ冷静になれる・・・それが俺の「力」だ」

ここでの罰ゲームテキスト=魅音がマジックのキャップを外し、その先端を身動きできないオレの顔面にじりじりと〜」

放課後、ダム現場に。
レナに週刊誌隠したのばれてる気がする。

<4日目>
ゾンビ鬼。沙都子かわいいなぁ、ほんとに。
Kが何気に「ご両親が呼んでるぞ」とか沙都子に情報を流そうとする。
ひっかかるわけないよなぁ。というかクラスの人も事情を知ってると思うし。
本人に届かなかったのかな?

<TIPS>
習字の名前まで「レナ」ってのは異常。
家庭では「礼奈」と呼ばれているが・・・。
引っ越してくる前はどう呼ばれていたかきになるとこ。
恐らくは過去との決別という意味をこめての「レナ」か。

<5日目>
帰り道、魅音と一緒のときに富竹に出会う。
K「トミーってさ、本当に撮影できてるのかな?」
魅音「なかなかするどいねぇ」
ここで魅音は鷹野みよのことを話したと思われる。
だが、鷹野のことを話すことで本筋をそらしたとも考えられる。
現段階では「富竹はあやしい」とだけしかいえない・・・。

<祭り>
梨花の演舞が始まる際に、梨花と富竹は別行動。
魅音は沙都子を連れてどこかへ。

(11/9追記)
沙都子と手をつないでいくというフラグを立てて欲しい。切実に。


Kとレナは一緒に梨花の演舞を見るために移動。魅音たちと合流。
ここで写真のフラッシュが光っていることからトミーはここにいたと考えられるが、
別の人間が写真をとっていて、Kがフラッシュ=トミーと勘違いした可能性もある(たぶん。

ワタを流すとき、レナに「オヤシロさま、ありがとう」って唱えるんだよ、と言われる。
祟り説を持ち上げるならここでレナが嘘を教えたと言うのもアリか。
でもオレは人間説を持っていくのでこの部分は放置。

レナたちとはぐれたK.富竹・女に話を聞く。
バラバラ殺人時期、富竹は偶然雛見沢にいたという。ぁゃιぃ。

翌年の北条夫妻の事故死・その翌年の古手神社夫妻の死・その翌年の北条叔母死。

最初の事件は沙都子も一緒だった。
事故死というか沙都子のイタズラかも・・・・゚・(ノД`)・゚・
でもおいらはにーにーとして沙都子を信じるのでそれは消し。
むしろ2人が沙都子を落そうとした、というのはないだろうか?
非常に疎ましい存在となっていたはずだし、そこに悟史は都合よくいなかった(いたかもしれんが表記がなかった)のだし。
柵が脆くなっていたので、事故死にみせかけて落そうとしたが、偶然にも沙都子は回避、2人で仲良く落ちた・・・。
というのはやっぱ無理ありますかねぇ?

古手神主の奇病は入江先生がカルテ捏造でOK。
おくさんは沼に沈められ、自殺に偽装でOK。
暇つぶし編を見る限り、園崎家にやや反発気味な奥さんが疎ましくなったので消したのかなと。

〜本筋にもどりま〜

富竹「今年は何も起こらないよ」なぜか言い切る。
ただたんにKを安心させるためか、あるいは確証があってのことか。不明。

富罰ゲームテキスト「みんなで富竹を羽交い絞めにし、そこに魅音がマジックを片手に近づいてゆく。」

<次の日>
トラップ=バケツ。

ここの推理ゲーム、実は絡んでるとかないかなぁ。
「レナ」「毒物」「玄関ホール」はおはぎを連想させるのですが。

と、ここで大石とファーストコンタクト。
ここでトミーの死因について考えて見る。
大石を信用したとして、死ぬ前に暴行を受けたのはまちがいない。
4〜5人で、さらにトミーが振るったとされる角材の跡もあり。
死亡推定時刻が21〜23時、死体発見が24時5分まえ、ということを考えると、
どこかで殺害してから移動した、ということも十分に考えられる。
自転車が300M離れたところに放置・・・とあるが・・・これは祟り殺し編の鷹野のことも考えると・・・

・鷹野がトミー殺害に関与。
→トミー殺害後、死体運搬・自転車の現場放置で偽装工作をした。

・鷹野が積んでいた自転車はトミーのものではない。

のどちらか。個人的に前者をとる。
鬼隠しの「現場監督(被害者)が死亡、犯人(加害者)が失踪」という奇妙な2名の関係を当てはめるならば、これは妥当か。

次の日から、どうもKが妙にだるがっている気がする。
精神的なものじゃなくてもっと病的なものだったら・・・?
でも毒盛られるタイミングとかないしなぁ(;´Д`)

大石からレナのガラス割りを聞く。
これってほんと?うそ?なんとも判断しがたい。

ついにおはぎ。
電話から10分もたたずにチャイムがなるのにもびっくりだが、まぁあまり遠くないのだろう。
ここで魅音とレナから尋問を受けるK.
魅音はあくまでも大石との接触が気に食わないようにみえる。

(11/9追記)
大石との会話が筒抜けだった点に関して、某氏から「大石もグル説」浮上。
こうなると魅音が完全にシロとなると思う。
レナとの接点が気になるところだが・・・。

おはぎタイム。K主観で最初に食べたのはバーサン、次のがレナとなっている。
おはぎに関しては・・・
・実はレナのが最初
・魅音が何かいれたおはぎはKは食べてない
・レナはほんとにおはぎになんか入れてた
・Kの被害妄想、あるいは魅音がいたずらで入れた刺激物とかで勘違い。
・沙都子の手作りおはぎを食べたい

とまぁこんなとこか。
一番上を肯定すると、4番目の魅音が何か刺激物を〜というのにも繋げる。
というか「部活」なのだから、Kがこうもあっさり見破れるように作るかなぁ?
魅音の軽いフェイクがはいってそうな気がしてならないのだが。
だとすると@ばばぁ A魅音 Bレナ というおはぎ順だったと思われる。
わざとレナっぽく作れるのは魅音しかいないわけだし。
翌日のレナのおはぎ会話も別に不審な点はない。ここで罰ゲーム確定。

ちなみにトラップは黒板消しでした。

(11/11追記)
レナと魅音の会話に「次はレナかな・・・」というような台詞がある。
レナがなぜ次は自分だと思っているのか、それはおいといてだ。
1人が死んで1人が消えるというこの綿流しの風習を考えると、
「次は自分」→「他の人物が消えれば自分ではない」という考えも生まれるかもしれない。
レナが保身のために動いたという可能性もミクロンほどではあるが否定できないはず。
とにかく、思いついたら何でも書き止めることにする。


この日から部活には出ず。
日記を書き始める。

TIPSのレナと魅音の会話「元気ないね」にかんして〜
→哄笑というのが気に食わない。魅音・レナが本当に正常ならばそれは無いと思う。
というかレナのアレは鷹の目じゃないんですかぁ?園崎一派?

<次の日>
車に轢かれかける。白いワゴン車。でもクラクションならしてたような。要確認。
ところで、白いワゴン車ってピーポーなってなかったら救急車と酷似してませんかね?
・やっぱりKの勘違い
・ただの事故。(でも逃げるか?
・実は運転手が鷹野。自分が既にいないことになっているので存在を知られるとまずいから逃亡。
・やっぱ沙都子のトラップ

あたりをあげておく。個人的には3番目かなー。
教室でバット調達。梨花にはばれてーら。
レナに悟史と同じ行動であると追及されるが・・・悟史は叔母殺しのために凶器をなじませる目的等で持ち歩いてたと思う。
けして自衛のためではないと思うのだがー・・・。ううむ。

Kが自宅に到着後、背後に気配を感じる。これって何?
・オヤシロさま。
・レナ
・Kの妄想
・ミニ沙都子ロボ

こんなとこで。それにしても主人公の言動が信用できないってのはしんどいなぁ。

ここで親に向けての電話がくる。つーかこの電話主だれ?ぁゃιぃんですけど。

レナ、大石との電話中に来訪。タイミングどんぴしゃで。
偶然と考えれるから焦りは禁物。というかここのレナはむしろ怪しくない。
言っていることは至極普通であり、両親不在は事前にKの母に聞いていたのではないだろうか。
だからこそ両親のいない前提で話をしていたわけで。
セブンスマートで何を買ったか知っていたのは、単純にK母から世間話的に聞いていたか、あるいは玄関先でふと箱をみつけたか。
レナとしては「悪ふざけ」だったと考えれる。
指を挟まれた時に謝罪して痛がっているのは素にみえて仕方がない。
雨の中、ずっと謝り続けていたのは幼児期に何かあってのトラウマか、あるいは例のガラス事件からの何か、か。


セブンスマートでの一件。
Kは何を見たのだろうか?
・オヤシロさま
・Kの妄想

どっちかしか無いと思う。うん。
レナって言うにはなんか物理的に無理あるし。

<最終日>
魅音に素振りをやめろと言われる。悟史の件もありで皆怖がっているから、だとか。
ここでの魅音はいたって平常、涙すら浮かべている。演技ではないだろう。
おはぎに関しての会話では「ちょっとしたいたずら〜」と言っていることから、やはり魅音はシロな気がする。

帰り道、斧レナ登場。なぜ斧?殺意むき出し?
Kを助けるため、にしてはいくらなんでも斧はないだろう。
あるいは、Kが襲われるであろうことを知って、または危惧しての武装とか。
でもKを追い詰めてたようにしかみえないよな、あれは。

レナ「人間の犯人なんかいない。全てはオヤシロさまが決めることだもの。」
「信じる信じないじゃに。オヤシロさまは いる の」

この台詞からもレナはオヤシロ狂信者だろうことは伺える。
「レナだけは圭一君の味方」という台詞も気にはなるのだが。
これを信用すると、村ぐるみでKを消そうとしているように見える。
ここで襲ってきた2人の男は村人だろうし。

K、気づいたら家に。村人2人はどうしたのだろうか?
・レナが説得
・レナが「あとはいいよ」といって帰した(グル
・レナがぶちのめした
・クール前原が覚醒してぶちのめした
・沙都子が颯爽と現れぶちのめした
・男の目的自体が「Kを気絶させる」ことだった。あるいは気絶している間に何かを回収するとか。

こんなとこでいいかな。
ウイルス説とかを前に出すと最後のがしっくりくる。
血液採取とかね。でもそれなら普通本人に話すよな。話せない理由・・・。
・内部処理せねばならないウイルス(雛見沢で作られたとか
情報漏洩による雛見沢の損害があると思えばいいか。

他に妥当なのはやっぱりレナとグル説。
あるいはKを運んだのはその2人。レナ一人じゃきついだろうし。

・監督は〜
これはどう考えても入江なので言及なし。

話題が罰ゲームになる。ひぐらしモード風味。やけに笑う2人。
レナが後ろから羽交い絞めにし、魅音が「針先をオレの目の前で何度もちらつかせる」
という表記。
魅音「富竹と同じ目にあってもらう」→K、2人を殺害。

(11/9追記)
ここで気になった。
Kが本当に殺したんだろうか・・・?
記憶はあると言っているが、ただの妄想かもしれない。
思い込みの可能性だってあるわけだ。
では誰が殺したのか・・・。

・やっぱK。
・魅音とレナでサバイバー。
・沙都子が颯爽と(ry

他には流石に不可能っぽい。まぁほとんどないであろう可能性を考えるのも重要だ。


〜結局、誰が犯人?〜
・レナ&魅音
・レナ単独
・Kの被害妄想(ウイルス説?
・オヤシロ
・大石グル(11/9追記)

こんなとこで絞りたいなと。
上からみてみようか。

・レナ&魅音説
オーソドックスかつひねりなし。最後にやられたじゃん的な見解。
でもこれだとあまりにもKに殺されたのが間抜け。
魅音の動機もなんだか謎。レナはこのさい置いとく。
富竹殺害の際には魅音が関わってても不思議ではないが、Kに対する殺意はなかったと思われる。
よって却下したい。

・レナ単独犯説
レナの過去に触れた、またはレナに起こした何らかのアクションによってレナがバーサク。
Kを殺害しようとしたという流れ。
まず、魅音に関してはおはぎの件や、最後の「富と同じ目に〜」=マジックで落書きという解釈によってシロとする。
ではマジックを注射と見間違えるにはそれなりの処置がKにされていたと思うが・・・
ここが苦しいところで、やはり薬物しかないと思われる。
あるいは、Kが極度の興奮状態で見た幻覚。
薬物ならタイミングはレナがKを家まで運んだ時。
魅音を呼んだのはアリバイ作り、またはスケープゴート用。
この説で最も問題なのは白ワゴン。これを救急車だとすると、4〜5人の男が極めて謎。
患者の精神状態が不安定なので・・・というのは無理があるか。
この問題さえなくせばなぁ・・・。
メモに関しては実にしっくりくる解釈が出来る。
破ったのは大石。なぜなら注射器ではなくマジックが張ってあり、あげく
「現場監督がいきてる」という間抜けなことが書いてあるのだから。
これを見られたら操作は前原圭一の精神異常で片付いてしまう。
それを恐れた大石が妙なとこだけを破り、事件性のあるとこだけを残した。
だいたい、入江とかがもってくならメモまるごともってくだろう。
で、Kの死因はやっぱ薬物関係か?うーん、納得はいかないがなー・・・。

・K被害妄想説。
祭りの3日後、Kがふと頭痛とだるさを訴えている。
このときに既に感染していたと考えると、おはぎも勘違い、その後は全て勘違い。
いよいよ気が狂ってシボン。超簡潔、だが決して捨てきれない。
でもレナが斧もって追ってくるのはきわめて謎ですよね。
斧でおどして圭一を捕獲しようとした?だったらウイルスとかの話に触れろと。
それにこの一大事に罰ゲームしないだろ。クールになれ前原圭一。

・THE オヤシロ。
1500円のようになってしまいました。
なんでもオヤシロさまのせいにして片付けます。
死因も全部すぱっと解決。これが真実ならきっと皆泣き叫ぶな。

メモはやっぱり大石だと俺は思うのです。
つまり注射器はたいした証拠にならなかった、ということに。
やっぱ薬物の線は薄いかなぁ・・・・。

・大石グル(11/9追記)
これだとかなり序盤から考えなおすことに。
まずレナに会話がつつぬけなのは当然になってくる。
レナと協力関係にあるかどうかは別としてだ。
電話での会話も当然ながら筒抜け。おはぎに針が、ということも筒抜けなので最後に回収可能(必死に探せば、だが)。
でも、やっぱり最後の電話とか演技とはおもえないしなぁ・・・。
あ、でもレナとかがKを始末し損ねたことに驚いてたのかもしれないし。
メモをちぎったのは証拠となる部分だけちぎることで疑いを他の誰かにそらすためか・・・?







posted by ruins at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ひぐらしのなく頃に。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 管理人in職場 at 2004年10月31日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック